第31話前の作品へ <

第31話 GIRL

「私は女の子」
吉崎響 × DAOKO企画。スタジオカラーによるアニメーションミュージックビデオ。

本企画の本編動画は公開終了致しました
下記解説資料等は継続して公開致します

第33話次の作品へ >

第33話 世界の国からこんにちは

舞台は少し未来。
お台場で開催中の万国巨大ロボット博覧会の会場にてデモンストレーション中の日本代表ロボットが原因不明の暴走状態に陥って会場近隣の施設を破壊しまくる。
警察や自衛隊ではらちが明かず、日本政府と博覧会協会事務局の要請を受けて起動中のアメリカとロシアのロボットが事態を収拾するために出動するが、日本のロボットの勢いはすさまじく、乱闘となる。
更に装填されているはずのないミサイルが発射されたり、充填されているはずのないエネルギービームが放たれたりと、会場もろとも周辺は戦場と化す。
とばっちりを受けた英国、中国、ドイツのロボットが勢いで参戦、バトルロワイヤルとなる。

生き残るのは誰だ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

新世紀いんぱくつ。

第32話

時に、2015年。使徒襲来が激化する、第3新東京市。ニコニコ動画に新曲をアップロードする三人の少女の姿があった。石井ハルカ、谷口イズミ、松沢アヤコ。ニコ生で活動する、市立第壱中学校二年生の三人は、音楽ユニット「いんぱくつ。」として活動していたが、使徒の襲来に備えてアヤコが疎開する事となり、新曲「センチメンタルな予感」を最後に、解散する事になっていた。それぞれの道を進むことになるハルカ、イズミ、アヤコ。残されたハルカは、イズミに「ある提案」をする。そして第3新東京市には、再び使徒が来襲しようとしていた……。

時に、2015年。
使徒襲来が激化する、第3新東京市。
ニコニコ動画に新曲をアップロードする三人の少女の姿があった。

石井ハルカ、谷口イズミ、松沢アヤコ。
ニコ生で活動する、市立第壱中学校二年生の三人は、音楽ユニット「いんぱくつ。」
として活動していたが、使徒の襲来に備えてアヤコが疎開する事となり、新曲「センチメンタルな予感」を最後に、解散する事になっていた。

それぞれの道を進むことになるハルカ、イズミ、アヤコ。
残されたハルカは、イズミに「ある提案」をする。

そして第3新東京市には、再び使徒が来襲しようとしていた……。

脚本・監督 櫻木優平 キャラクターデザイナー 西田亜沙子 音楽 buzzG/歌 加隈亜衣 アニメーション制作 スティーブンスティーブン

buzzG スティーブンスティーブン 解説生放送 ニコニコ生放送:GINZA

キービジュアル

キャラクター色彩設計

キャラクター設定

背景美術

モーショングラフィックス

スタッフ

原作
カラー
キャラクターデザイン
西田亜沙子
リードアニメーター
川崎司(ラッキーピクチャーズ)
アニメーター
澤村ちひろ(ラッキーピクチャーズ)
本岡宏紀
小川実希
色指定
田中美穂
美術監督
渡邊洋一(ヴェイサエンターテイメント)
撮影監督
石塚恵子
ロゴデザイン
小島翔太
モーショングラフィック
稲葉大樹
声ノ出演
林原めぐみ
音楽
松岡美弥子
主題歌「センチメンタルな予感」
作曲・編曲
buzzG
歌詞
櫻木優平
加隈亜衣
ギター
buzzG
ベース
Kei Nakamura
ピアノ&ストリングス
松岡美弥子
音楽制作
島居理恵(キングレコード)
音響監督
山田陽(サウンドチーム・ドンファン)
効果
野口透(アニメサウンド)
音響制作
サウンドチーム・ドンファン
Translator / Subtitle Editor
Dan Kanemitsu
スペシャルサンクス
宇井正人
大西史剛
川島英憲
河野紘一郎
澤村由起夫
清水剛吏
佐々木礼子
山口久美子
VJ Routes
TNSK
MISSIKE MAX
ニッカー絵具株式会社
協力
UCC上島珈琲株式会社
エグゼクティブプロデューサー
古田彰一
石井朋彦
アニメーションプロデューサー
川瀬毅
スウィージー賢
プロダクション協力
スタジオカラー
緒方智幸
岡島隆敏
アニメーション制作
スティーブンスティーブン
脚本・監督
櫻木優平