第2回「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」が放送 全編3DCGで制作された意欲作「HILL CLIMB GIRL」制作秘話を谷監督と宮城氏が解説!

11月17日(月)、「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」の第2回放送を実施しました。番組では、第2弾作品である「HILL CLIMB GIRL(ヒルクライムガール)」の監督を務めた谷氏、スタジオカラーデジタル部スタッフの宮城氏をゲストに迎え、「HILL CLIMB GIRL」の制作秘話に関して語り合っていただきました。

【谷東氏と宮城氏について】

■谷 東(原案・脚本・監督)
鷹の爪シリーズで有名なDLE所属のアニメ監督であり、演出家でもあるクリエイター。Flash系アニメをメインにプロデュースや監督をしており、代表作には“監督不行届(かんとくふゆきとどき)”や、テレビアニメ版の“テルマエ・ロマエ”などがあります。

■宮城 健(3Dディレクター)
スタジオカラー デジタル部に所属しており、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、そしてヱ『ヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では、建物や構造物のモデリングを担当しています。


(左: 谷 東監督) (右: 宮城 健氏)

【HILL CLIMB GIRLについて】
11月14日(金)に公開され、国内のみならず海外でも大きな反響を呼んだ「HILL CLIMB GIRL」。谷監督は、こうした反響について「Twitterなどで海外からも反響があって、世界記録を出したフォイクト選手にも褒められました」、宮城氏は「自転車好きな方にもすごく見ていただいて、本当に作ってよかったと思いました」とコメントしました。


(作品を振りかえる二人)

そんな本作の最大の特徴ともいえるのが、全編3DCGで制作されていること。番組では3DCGをどのように制作していくのかという作業過程について、実際のツールの画面や絵コンテ、設定資料などを表示しながら丁寧に解説。

これまでフラッシュアニメを多く手がけており、3DCGには今回初めて挑戦したという谷監督は「なんで僕が呼ばれたんでしょう(笑)」と冗談交じりに述べながらも、「CGクリエイターの方は、いかに手書きで描いたものにCGを近づけるか(を追求されていて)、執念を感じます」とコメントしていました。

また、宮城氏は制作の秘訣を尋ねられ、「キャラクターデザインを米山さんにやっていただいて、とてもかわいかったので、絵に負けないように再現しました。再現するんだという"手力"(が秘訣)ですね」と答えました。

本作のロケは、自転車好きにはお馴染みの場所である多摩丘陵の「尾根幹」で行われました。谷監督は実際に撮影に行き、同僚をモデルにしてロケハンしてきたのだとか。番組では実際のロケハンで撮影された映像を放送。谷監督が自ら自転車を漕ぐ姿も公開されました。


(リアルな音を録音するために谷監督自ら自転車を漕ぐ姿)

【Cojirou氏が電話出演してコメント】
本作の音楽を担当したCojirouさんが、番組に電話で出演。Cojirouさんは「自転車に詳しくなかったので、谷監督の歌詞を参考にさせていただきました。一度Skypeでディスカッションさせていただいて、参考曲を送っていただいて、ビジョンが共有できて早く出来上がりました。完成した作品を見て、こんなに躍動するのかと感動しました」と制作過程を振り返りました。

【氷川の二度見】
アニメ評論家の氷川氏が注目ポイントを紹介する「氷川の二度見」のコーナー。今回は「直線運動と回転運動」というキーワードと共に「ギアチェンジ」のシーンが紹介されました。氷川氏はアニメと自転車の共通点として「直線運動と回転運動」を挙げ、「どちらも産業革命で生まれたもの。だから、産業革命以降、我々の記憶に刷り込まれているから、どちらも興奮するのかも」と自説を展開。「だからアニメーターには自転車好きが多いんじゃないかな」とコメントしました。


(MC 山田氏、氷川氏)

【クリエイターの履歴書】
クリエイターのパーソナルな部分に迫っていく「クリエイターの履歴書」のコーナー。アニメの世界に興味を持ったきっかけや、影響を受けた作品、印象に残っているワンシーンなどについて思い出しながら語っていただきました。

谷監督は小学生時に見た「ルパン三世 カリオストロの城」と「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を挙げ、「宮崎さんの絵コンテが『ルパン三世 カリオストロの城』のパンフレットに載っていて、こうやってアニメを作るんだって感動したのがきっかけです」と回答。

一方の宮城氏は「以前は建築関係の仕事をしていたのですが、スタジオカラーに入ってからどっぷりですね。すごい人たちがアニメを作っているという、その熱にやられました。特に『フリクリ』に影響を受けました」と答えました。

そして、最後の質問「あなたにとってアニメとは?」には、お二人ならではの回答が色紙に描かれました。


(「りんかく線」と「3D」と回答)


(出演者のみなさん)

日本アニメ(ーター)見本市、次回は第3話「ME!ME!ME!」が11月21日(金)に配信予定です。

また、第3話「ME!ME!ME!」について語り合う「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」の次回放送は11月24日(月)放送予定です。
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv199206899

前のニュースPrev ニュース一覧を見るMore News 次のニュースNext