第3回「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」が放送 刺激的な内容で大反響を巻き起こした「ME!ME!ME!」制作秘話を制作陣が解説!

11月24日(月)、「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」の第3回放送を実施しました。番組では、第3弾作品である「ME!ME!ME!」の監督を務めた吉崎氏、キャラクターデザイン、作画監督を担当したスタジオカラーの井関氏 、音楽を担当したTeddyLoid氏をゲストに迎え、「ME!ME!ME!」の制作秘話に関して語り合っていただきました。

 

【吉崎氏と井関氏について】
吉崎氏はフリーランスの映像ディレクター・映像作家。モニターグラフィックアーティストとして『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、マクロスFなどに参加、現在も多岐にわたり活躍中です。井関氏はガイナックスを退職後にスタジオカラーに移籍、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、翠星のガルガンティア、キルラキル、スペース☆ダンディ シーズン2など、現在もアニメーターとして活躍中しています。


(企画・原案・画コンテ・演出:吉崎 響氏)(キャラクターデザイン、作画監督:井関 修一氏)

 

【ME!ME!ME!について】
21日に公開され、その刺激的な内容がネットで大反響を巻き起こした本作。井関氏は「やっと完成して、やっちまったなと(笑)。感無量です」、吉崎監督は「内容が内容なので不安だったのですが、評価していただけてよかったなと(笑)」とコメントしました。

本作の企画は「完全に男子目線で好きなものを詰め込んだ」という吉崎監督。しかし、「思いの外、女性に好評だった」とのこと。では実際に男女比はどれくらいなのか。番組で急きょユーザーアンケートをとった結果、視聴者の男女比は「77.3%(男)22.7%(女)」という結果になりました。

企画がスタートしたきっかけは、「TeddyLoidさんとの出会いだった」という吉崎監督。本人のオリジナル曲のデモを聞かせてもらった時に「この曲でミュージックビデオを作りたい」と思ったのが最初だったのだとか。「音楽が大好きなので、自分が思っている通りにやらせてくれるプロジェクトがないかなと思っていたところにこの話がきて、自分のターンがきたなと」(吉崎監督)

本作のテーマは「アニメと音楽のシンクロ」だという吉崎監督。「人間くささを取り込みたいと思いました。この映像、テクノなのに、見終わった後に人間の泥臭さを見たぞという感じを入れたかった」と本作の狙いについて語りました。

一方で、大きな反響を呼んだ「エロ」に関しては「自分の中でエロは"かっこいい"という位置づけ。エロというよりはそれも含めてかっこいいでしょと思って作りました」(吉崎監督)


↑吉崎監督が企画書用に書いた絵。井関氏からは原画かいてくれればいいのに!との突っ込みも。原画枚数は約3000枚、おおよそ普通のテレビアニメ1本分の枚数。ひたすら動いているアニメーションを作りたいという思いからコマ数も膨れ上がったとのこと。


↑吉崎監督の絵から、井関氏が実際に動くアニメーションに適したデザインを提案

 

【TeddyLoid氏が出演しコメント】
本作の音楽を担当したTeddyLoid氏はクラブ・ミュージックをベースに、Jポップ、ゲーム、劇伴等幅広い活動で知られる音楽プロデューサー/作曲家。アニメ作品では ガイナックス制作の“パンティ&ストッキングwithガーターベルト”、カゲロウプロジェクトによる“メカクシティアクターズ”等を手掛け、今年9月に自身のオリジナルアルバムをメジャーリリースされました。


番組に出演したTeddyLoid氏は、本作の感想として「人間という生物の表と裏がこんなにも表現されたアニメはないなと思いました」とコメント。「今はLINEやSNSでコミュニケーションを取りながら作れるので、絵やデザインの進捗を見ながらインスピレーションを得て作れます。想像力が逆に増して作りやすかったです。一緒のスタジオでセッションしている感じ」と制作過程を振り返りました。


↑FPS(ファーストパーソンシューティング)シーンでの作りこみでは、3DCG、原画ともにかなりの手間をかけているとのことで、その過程をきいた視聴者からは「す、すげえ・・・」「やばい・・」といった驚きのコメントが。

 

【氷川の二度見】
アニメ評論家の氷川氏が注目ポイントを紹介する「氷川の二度見」のコーナー。今回のテーマは「ツブシとノバシ」。キャラクターを柔らかく動かすときの作法として物体をつぶしたり伸ばしたりする表現があり、今回は特に「お尻の振り方」に注目してほしいとのこと。また、「日本乳揺らしの歴史」として、1983年に開催された日本SF大会で公開されたDAIKON FILM制作の映像が「胸を揺らしたアニメ」第一号だったという豆知識も披露されました。

 

【クリエイターの履歴書】
「あなたにとってアニメとは?」との質問に三者三様の回答が色紙に描かれました。



日本アニメ(ーター)見本市、次回は第4話「Carnage」が11月28日(金)に配信予定です。
また、第4話「Carnage」について語り合う「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」の次回放送は12月1日(月)放送予定です。
視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv199206906


前のニュースPrev ニュース一覧を見るMore News 次のニュースNext