第6回「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」レポート 前田真宏、本田雄、Sotte Bosse出演 「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」制作秘話を解説!

12月15日(月)、「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第6回を放送しました。

番組では、第6弾作品である「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」の監督を務めた前田真宏氏、原案・キャラクターデザインを担当した本田雄氏 、音楽を担当したSotte Bosseのナカムラヒロシ氏、Cana氏をゲストに迎え、「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」の制作秘話に関して語り合っていただきました。

【前田氏と本田氏について】

・監督:前田 真宏
代表作:『青の6号』『ふしぎの海のナディア』、『アニマトリックス』、『巌窟王』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

・原案・キャラクターデザイン:本田 雄
代表作:『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ(作画監督・メカニック作画監督)、『千年女優』(キャラクターデザイン・作画監督)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(総作画監督・作画監督・メカニック作画監督)

 

【西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可について】

ある日、目覚めると体が縮んでしまった主人公と、彼女のことがゴキブリにしか見えない彼氏。巨人と小人による異色のアクションアニメは大きな反響を呼びました。本作の制作のきっかけについては、前田監督が「僕が本田君のファンだったんですよ」というところからスタート。

「一緒にやれるなら何がやりたいって聞いたら、80~90年代の少女マンガっぽいキャラでやってみたい、あと、巨人と小人のアクションがやりたいとなりました」(前田監督)

「女の子を描きたいっていうのがあって、裸だとなお良いなと。裸になると女性がひかないようにはしたいなと、それだけは気をつけました」(本田氏)

女性をゴキブリに見立てた独特の設定については、「小さくなって冒険するときに出てくる敵が、最初は猫やハムスターやルンバという案もありました。最終的には、男の目から見てゴキブリに見えちゃう。女の子がいくら叫んでも声が届かない。一番近くにいるのにコミュニケーションできないという意味を込めました」(前田監督)

タイトルについては前田監督が土壇場で決定したとのこと。「不動産の広告みたいにしたかった」(前田監督)ことから付けられたのだといいます。

また、本作には日本を代表する原画スタッフが多数参加しており、原画の線をそのまま活かした仕上がりになっていることでも注目されています。番組ではオーディオコメンタリー形式による解説も実施され、「ゴキブリのセルはボカしの処理をしているからまだ見れるけど、していないと見れないくらいのリアル感」「主人公が走るときの胸の揺れは肋骨に乗っている感じで本当にリアル」といった制作の裏話が語られました。

【Sotte Bosseのナカムラヒロシ氏、Cana氏が出演しコメント】

・エンディングテーマ:Sotte Bosse
2006年結成。トラックメイカー・ナカムラヒロシとボーカルCanaのユニット。JPOPカバー企画アルバムにてインディーズながら25万枚を売り上げ一大ムーブメントとなる。

番組に出演したCana氏は、本作を見た感想を「こうやって日常に(自分たちの音楽が)溶けていくんだなって。また違った空気感、想像したのと違ってふくよかになる感
じ。切なさとまどろむような」とコメント。

ナカムラヒロシ氏は「(歌詞から考えて)この女の子は亡くなると思っていて、最後まで見て生きてる! って胸をなでおろしました(笑)。素直に感動しました」とコメントしました。

 

【氷川の二度見】

アニメ評論家の氷川氏が注目ポイントを紹介する「氷川の二度見」のコーナー。
今回のテーマは「画の中に突入する感覚」。

その理由として氷川氏が挙げるのが「背景動画」です。これは背景を動画として動かす技法で、今回の「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」でも使われている技法です。昔のアニメは背景も線画だったのですが、すぐキャラクターと分離して現代のアニメに至りました。

しかし、それでは画に入るのは難しいと氷川氏は解説。これに前田監督は、「自分が背景動画のいちファンだったので、つい入れたくなるんですよね」とコメントしました。

 

【クリエイターの法則】

番組の最後には、ゲストの4名に向けて「あなたにとってアニメとは?」という質問が。これにSotte Bosseのナカムラヒロシ氏は「大けが」と回答。「人生の岐路で必ず大けがして、そのときアニメを見まくるんです。その中のキーワードから、きっかけをいただいています。アニメを見まくってロンドンに行こうとも思いました」(Sotte Bosseのナカムラヒロシ氏)

Cana氏は「夢」と回答。「小さい頃からジブリが好きで、日常と違う世界に自分を連れて行ってくれるもの。人は想像力が生きる希望になると思います」(Cana氏)

本田氏は「楽」と回答。「楽しくないと3日と机に向かってられない仕事。とにかく楽をすることと、楽しむことを念頭においてやってます」(本田氏)

前田監督は「血と肉」と回答。「子供の頃、TVっ子でアニメをずっと見ていて、それが幼少期の血となり肉となっています。それが自分の原体験なので」(前田監督)

日本アニメ(ーター)見本市、次回は第7話「until You come to me.」が12月19日(金)に配信予定です。

 

また、12月22日(月)の同トレスは、日本アニメ(ーター)見本市でこれまでに配信した作品ならびに、解説番組「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」のダイジェスト映像を一挙放送します。

視聴URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv203475677

前のニュースPrev ニュース一覧を見るMore News 次のニュースNext