長編「龍の歯医者」、上海国際テレビ祭にて最優秀アニメーション賞を受賞!

NHKにて放送されたテレビアニメーション「龍の歯医者」が、上海国際テレビ祭において、最優秀アニメーション賞(マグノリア賞)を受賞しました!

上海国際テレビ祭とは、中国で最も長い歴史を持つ、中国最大級のテレビ番組の国際マーケットです。世界中のテレビ番組を対象としたマグノリア賞は、中国で最も権威のあるテレビ賞です。

上海のオリエンタルアートセンター(東方芸術中心)で行われた授賞式では、スタッフを代表して鶴巻和哉監督が登壇。トロフィーを受け取るとともに、感謝の言葉を述べました。授賞式の模様は上海の「東方テレビ」を通じて、現地にて生中継されました。また、授賞式の模様は以下のYouTubeにも掲載されています。

 

長篇「龍の歯医者」概要

スタッフ

監督:鶴巻和哉
原作・脚本:舞城王太郎
脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン:井関修一
制作統括・音響監督:庵野秀明
アニメーション制作:スタジオカラー
制作・著作:NHK、NHKエンタープライズ、ドワンゴ、カラー

 

あらすじ

彼の国には龍が棲んでいる──
神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという…
舞台は “龍の国”。
主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。
隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。
少年の名はベル。
大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。
自らが置かれた状況に戸惑うベル。そして彼を励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子。
激しい戦いに巻き込まれながら、二人はやがて自らの運命を受け入れて行くことに…
かつてない壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジー!

 

公式サイト

http://www.nhk.or.jp/anime/ryu/

©舞城王太郎,nihon animator mihonichi LLP./ NHK, NEP, Dwango, khara

前のニュースPrev ニュース一覧を見るMore News