第32話前の作品へ <

第32話 新世紀いんぱくつ。

時に、2015年。
使徒襲来が激化する、第3新東京市。
ニコニコ動画に新曲をアップロードする三人の少女の姿があった。

石井ハルカ、谷口イズミ、松沢アヤコ。

ニコ生で活動する、私立第壱中学校二年生の三人は、音楽ユニット「いんぱくつ。」
として活動していたが、使徒の襲来に備えてアヤコが疎開する事となり、新曲「センチメンタルな予感」を最後に、解散する事になっていた。

それぞれの道を進むことになるハルカ、イズミ、アヤコ。
残されたハルカは、イズミに「ある提案」をする。

そして第3新東京市には、再び使徒が来襲しようとしていた……。

本企画の本編動画は公開終了致しました
下記解説資料等は継続して公開致します

第34話次の作品へ >

第34話 旅のロボから

旅にはいつも出会いと別れがある。

第33話

世界の国からこんにちは

舞台は少し未来。お台場で開催中の万国巨大ロボット博覧会の会場にてデモンストレーション中の日本代表ロボットが原因不明の暴走状態に陥って会場近隣の施設を破壊しまくる。警察や自衛隊ではらちが明かず、日本政府と博覧会協会事務局の要請を受けて起動中のアメリカとロシアのロボットが事態を収拾するために出動するが、日本のロボットの勢いはすさまじく、乱闘となる。更に装填されているはずのないミサイルが発射されたり、充填されているはずのないエネルギービームが放たれたりと、会場もろとも周辺は戦場と化す。とばっちりを受けた英国、中国、ドイツのロボットが勢いで参戦、バトルロワイヤルとなる。生き残るのは誰だ?

原案・脚本・監督 片山一良 ロボットデザイン 出渕 裕 キャラクターデザイン 高遠 るい 作画監督 小曽根正美 アニメーション制作 ブリッジ

解説生放送 ニコニコ生放送:GINZA

ロボットデザイン

キャラクターデザイン

美術ボード

背景美術

美術設定

絵コンテ

スタッフ

企  画
片山 一良
ロボットデザイン
出渕  裕
キャラクターデザイン
高遠 るい
美術設定
片山 一良
絵コンテ・演出
片山 一良
総作画監督
小曽根正美
作画監督
平山まどか
(キャラクター)
堀井 久美
(キャラクター)
中田 栄治
原  画
小曽根正美  
中田 栄治
羽山 賢二  
松川 哲也
白石創太郎  
石川 哲也
宮沢  努  
三木 達也
高瀬 健一  
山田  誠
安藤 義信  
松尾  慎
内田シンヤ  
川原 智弘
鴨川  浩
原画監修
安藤 義信  
糸島 雅彦
三木 達也
第二原画
彭  佩琦
スタジオガッツ
志賀  岳  
寺田 素都
長澤 達也  
浜 友里恵
伊藤 潤樹  
下谷 美保
皆川 祐輝  
鈴木 里沙
牧野 太輔  
中山 明彦
ミュウ
動  画
ミュウ
タツノコプロダクション
動画検査
岡部  実  
渡辺 恵一
色彩設計/色指定
三笠  修
セル検査
忽那 亜美
仕  上
ミュウ
美術監督
加藤 靖忠
背  景
スマーチル
佐藤 豪志  
海老澤卓也
藤井 香織
撮影監督
福士  享
撮  影
T2studio
江間 常高  
若林  優
赤尾 英美  
山浦 晶代
ラインテスト
ミュウ
編  集
辻田 恵美
Translator
AURA Co., Ltd.
Hiroyuki Aiba    
Koichi Tanaka
Hiromitsu Hashimoto    
Yukino Ueda
整  音
山田  陽
(サウンドチーム・ドンファン)
制作進行
星野 達也
設定制作
角田  章
制作補佐
橋本 直人
和島 徳享
松元  晃(STMATS)
制作事務
小林 春奈
アニメーション制作
ブリッジ
メインタイトル
米たにヨシトモ
音  楽
「世界の国からこんにちは」
   山寺 宏一
    林原少女合唱団
作詞  島田 陽子
作曲  中村 八大
編曲  小山 嘉嵩
音楽制作
島居 理恵
(キングレコード)
協  力
八大コーポレーション
音  楽
「万国博マーチ」
作曲/編曲  川崎  優
プロダクション協力
スタジオカラー
緒方 智幸
岡島 隆敏
脚本・監督
片山 一良